インプラント周囲炎があります。この歯周炎は2つ

インプラント周囲炎があります。この歯周炎は2つの病気に分類されます。

まず、インプラント周囲粘膜の部分に生じるインプラントの周囲粘膜炎です。二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。


症状としては出血がでたり膿がでたり、歯茎の退縮になったりする事です。

インプラントを劣化させず長持ちしていくためにも絶対耳の片隅に置いておきたい大切な項目があります。



それはというとインプラント治療する前に、とても怖い歯周病の治療をきちんと完全に終了させておくことです。




次に、インプラント手術後も積極的に歯科医院のメンテナンスを受診することですね。万が一、歯を磨かずほったらかしていると突然インプラントがぽろっと抜け落ちる事態に陥ってしまいます。歯医者数ですと、只今日本で大体6万5百以上の歯科医院が乱立しており全体的に供給過多で苦しい状態です。歯科医の過多の背景として医大などの立て続けに新設され歯科ライセンス取得者が増加傾向で、歯医者が需要を超える供給過多になったのです。


今の歯医者は治療費用の金額は全然伸びていない様子で、歯科医院は少ない範囲で、お客さまを奪いあう状態です。



稼げないので、周囲のクリニックはインプラントを筆頭に自費の診療の囲い込みをしています。

インプラントは今15歳?およそ1人/40人がてを出している方法なのです。

ちなみに言うと、全国の約13600もの歯科医院がインプラント治療・手術を取り入れています。

一歯科医で一ヵ月当り二件の手術をすると想定すると一ヵ月で27200件にものぼる市場であることが計算できます。



ここで思うのは割と高額な治療ですが気軽にポンポン手術になるかと心配ですよね。けれど大丈夫です。


近頃焦る程高齢化社会へと進んでいますよね。

大昔に使われてた高齢の方のお金をかける所が周りに孫もいないし、自分自身に使おう、という人が増えてきています。たたみかけて年とともに元気に老後を迎えたいそんな考えが頭の片隅から離れなくなります。


そしてその中で注目されやすいのが入れ歯にはなりたくないというものです。



そしてそれを補ってくれるのがインプラントというわけです。入れ歯は不便だっ!話す時に気にしたくないっ、そう思う時代になってきて実際患者の大半が45歳以上です。要するに、多方面の情報ではこのインプラントの必要性は増々増します。



インプラント専門の歯科医院を選定する大事なポイントが当然ながらあります。まず初めは経験や実績のある医師かどうかです。次に、きちんと他の治療方法(入れ歯やブリッジなど)や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、値段や治療期間なんかを具体的にに説明している医院であるのかどうかです。

最後にインプラントの治療・手術が終わった後でもきちんと定期検診してくれる医院なのかどうも特に大事な選定ポイントになります。


こちらから