そもそもインプラントってどん

そもそもインプラントってどんなものかというと、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根と人工歯根の上に取り付けられる支台部とそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯という3つの部位からなる構造です。次にインプラントにはどういうものがあるかというと人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプのものがあります。


歯医者の規模は、現状この国ではざっと見ても60000を超える医院があるという事で、全国単位で余っています。




歯医者の増えた一因として医大・歯科大のいたるところで新設され、歯科ライセンス取得者が激増して、歯科が増えました。




今の歯科医院は治療費の売上はあまりUPしていない現状で、デンタルクリニックはわずかである範囲内で、お客を横取りを狙う状態です。稼げないので、周囲のクリニックはインプラントを筆頭に自費の診療の導入を工夫を重ねています。



インプラント治療については今で15歳?およそ2.5%の人がてを出している選ばれし治療法です。

そして日本の歯科医約68000件のうちの約20%、13600医院がこの手術を行っています。


一歯科医でひと月で二件の手術と想定して月間25000件以上のマーケットである事が仮設できます。


ここにきて気がつくのは普通の感覚ではどうしても高額になる治療、果たしてみんな受けられるのか?と感じるでしょう。




しかしご心配なく。

今ではとっても少子化現象が歩んでいますよね。


高齢化以前に使われてたはずのおじいさんおばあさんの支払いポイントが孫がいないから自分に…という方が増えたのです。


それに加え年齢が上がる程健康・介護に備えたいなどという考えが頭の片隅から離れなくなります。



そしてやはりよく聞く声が自前の歯が痛んでくる事です。それを救ってくれるのがインプラントですね。



自分の歯の実感がほしいっ!色んな場面で自由さが欲しい・と年々そんな思いが強まる患者さんが増え、現実でもデータを見ると手術する方の9割弱が45歳以上です。

そんなわけで様々な話をきいてもインプラント治療の需要はじわじわと増えるでしょう。インプラントを20年30年とし続けるためにも必ず頭の片隅に入れた置きたいことがありますね。

それはインプラント療法前に実は非常に怖い病気が潜む歯周病治療をきちんと完全に終了させておくことです。



それから次にインプラント治療
後も定期的なメンテナンスをきちんと受診することです。万が一、歯を磨かずほったらかしていると人工歯根が抜け落ちるインプラント特有の歯周病になる可能性があります。


とても嫌なインプラント歯周炎という病気があります。


これは2つに分けられます。


第一にインプラントのその周りの炎症を起こす周囲粘膜炎です。二つ目は顎の骨の方まで炎症したものです。




周囲炎の症状としては出血がでたり膿がでたり、歯茎の退縮になったりすることです。