歯周病とかで抜歯した後は、基本的に3つのやり方での

歯周病とかで抜歯した後は、基本的に3つのやり方での治療があります。インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。


ブリッジは虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。それと、場所によっては銀歯になります。でも、外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるという良い点(メリット)があります。

次の入れ歯では良い部分はブリッジと近いですが、異物感を感じやすく、天然歯と比べて非常に噛みにくいという欠点などがあります。

最後になるインプラント治療法は費用が他よりも高額で、外科手術をしなければならず埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがそれぞれ存在しますが、他の治療法より一番美しく、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットがあります。


インプラントの造りは、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部とその歯根部の上にとりつける支台部とそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯という主に三つの部位から出来上がる構造なのです。インプラントの種類ではインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプの二つがあります。




そもそもインプラントは良い点と悪い点があるのです。まずメリットは、天然の歯とほとんど同じぐらいの力でかむことが可能です。

つぎに健康である歯をわざわざけずる必要がありません。そして、見た目の上でも美しく、天然の歯と見分けがつきません。またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。


さらにインプラント
はきちんと会話ができるメリットもあります。


反対にデメリットの方では、インプラントの1本あたりの値段が30万前後したりするので高額です。

そして手術を必要とします。


また、メンテナンスは必須な治療方法です。さらにインプラント治療はすべての人に出来る治療ではないということです。例えば糖尿病の人はできない場合があります。




とても嫌なインプラント歯周炎があります。

これは進行状態によって2つに分けられます。一つ目はインプラントの周囲粘膜炎です。




次はもっと進行して中の骨の方まで炎症しているインプラント周囲炎です。インプラント周囲炎の症状としては一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、歯茎が次第に痩せてきたりする症状があげられます。