インプラント(人工歯根)をチョイスす

インプラント(人工歯根)をチョイスする大切なポイントが当然あります。


まずは実績・技術力ともに全く問題ない歯科医師かどうかです。




またインプラントの治療以外の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットの説明や、治療期間や保障などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院であるのかどうかです。


それから、治療後のインプラントのメンテナンスもきちんとしてくれるクリニックなのかどうも特に大事な選定ポイントになります。インプラント構造は、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部とそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯という主に三つの部位からの構造としてできています。また、代表的なインプラント種類では歯根と支台部をネジなんかでとめる2ピースタイプとインプラントとアバットメントが一体化したタイプの1ピースタイプの二種類が現在あります。歯が抜け落ちた後、3つの治療方法になります。インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。


まず始めにブリッジの治療方法は健康な歯を削るなどして犠牲にします。それに加えて、はめる部位によっては銀歯にしなければいけません。しかし、それほど違和感を感じず、手術不要というメリットもあります。入れ歯は良い部分はブリッジと近いですが、なにか変な感じという違和感があり、天然歯と比べて非常に噛みにくいという欠点などがあります。

最後の治療法のインプラント治療
では保険外の自由診療で手術も必要となり長期間の治療を生ずるというデメリットがあるが、やはり審美性が高く、一番治療後にも自然的で、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットがあるので、インプラントをする人も増えています。

デンタルクリニック規模と言いますと、現状日本でだいたい6万強の医院が存在し、あらゆるところで余っています。




歯科クリニック飽和状態のわけは医大・歯科大のどこでも新しく作られ年間で歯科ライセンスを取得する人が激増して、その結果歯科医が増大してしまいました。近頃の歯医者は治療費用の売上が横ばいで増えてない現状で、歯科医院は決められたお客さまの数で、利用者を取り合いになる様子です。


収入アップを狙い、周囲のクリニックは矯正やインプラント等より高額になる自由診療の誘導を取り組み始めています。このインプラントという治療法は現在では15歳以上?のおよそ2.6%の人が使用している治療方法です。ちなみに言うと、歯科医の約20%(13600医院)がインプラント手術を行っています。一クリニックあたり一ヵ月当り二件の手術をすると決めて一ヵ月で27200件にものぼるマーケットがあると想像できます。ここにきて気がつくのは高いインプラント費用であるのにそんなにコンスタントにお客さまを獲得できるのでしょうか、などなど疑問をもたれるでしょう。




でも、実は大丈夫なんです。最近はっとする程高齢化の社会が歩んでいますよね。昔に支払われてたおじいちゃんやおばあちゃんのお金の使い道が他者ではなく自分へと変わりました。それから年を重ねる程将来の健康面が不安そんな気持ちが真剣に考えるようになるのです。




その中でよく聞く声が健康な歯が残り少ないという悩みです。

そしてそれを補ってくれるのがインプラント手術なんですね。



違和感無く食事したいっ、生活の質をあげたいっ!そうイメージするお年寄りが多くなって、裏付けるように患者様の約9割が45歳以上だったのです。そんな感じで、多方面の資料からインプラントの需要でいうと年ごとに増します。