インプラントという人工歯を大事に使っていくために

インプラントという人工歯を大事に使っていくために是非忘れてはいけない大切な項目があります。


それはインプラント治療
を進める前に、歯周病の治療を済ませておくことです。

そして二つ目はインプラントの治療・手術の後でも毎日の歯磨きと定期的な検診をしっかり受けることです。

だが、定期検診を受けなかったりすると最終的にはインプラントが抜けてしまうというインプラント周囲炎になりうるでしょう。


歯が抜け落ちた後、3つのやり方で治す方法になります。

インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。まずブリッジはやはり他の歯への影響があります。また、入れるとこによし銀歯になってしまいます。しかし割と簡単に治療でき、いうほど違和感を感じないといったメリットがあります。



2つめの入れ歯治療ではメリットはブリッジと似ていますが、異物感などで慣れず、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むという欠点があります。それから、インプラントではより金が掛かる自由診療で、外科手術をしなければならず治療期間は比較的長くなるという欠点があるけども、他よりは審美性が良く、咀嚼能力も最も良いというメリットのため、ますます今後埋入する患者が増えると思います。


インプラント周囲炎という病気があります。これは進行状態によって2つに分けられます。

第一にインプラントのその周りの炎症を起こす初期的なインプラント周囲粘膜炎という病気です。それから進行形のインプラント周囲炎です。



症状としては痛みや出血が生じたり、歯茎とインプラントの間の溝が深くなったりする症状があげられます。

そもそもインプラントは患者にとってメリットとデメリットがあります。


まずはメリットの方では天然歯とほぼ同等の力で強く噛むことできるの事です。次のメリットでは、インプラントを埋める隣の健康の歯に影響がないことです。

それから、見た目的に天然の歯を同じくらい美しいです。


それから、インプラントはブリッジや入れ歯と異なって、異物感がないのです。


さらにきちんと会話もでき、不便を感じません。




デメリットでは、費用が高いということです。

人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。




また定期検査をしておかないと歯周病になったりします。


さらには重い糖尿病や骨粗鬆症の患者さんはインプラント治療ができません。