なりたくないインプラント歯周炎があります。

なりたくないインプラント歯周炎があります。




これは二つの異なる歯周炎に分類されます。


第一にインプラントのその周りの炎症を起こすインプラント周囲粘膜炎というものです。




次はもっと進行して中の骨の方まで炎症しているインプラント周囲炎です。

症状としては痛みや出血が生じたり、インプラントがグラグラしてきたりすることです。



歯科シェア数は、今この国ではだいたい6万強の医院がありまして、全国単位で余っています。


歯科の多すぎの一因として医大などのどこでも新しく作られ年間で歯科ライセンスを取得する人が約年間2000名となり、歯科医院自体が激増したのです。現在の歯科は治療費の総額はそんなにUPしていない感じで、歯科クリニックはわずかである戦場で利用者を取り合う状況です。



収入確保の為、歯科医院は矯正やインプラントと自費での診療の導入を選んでいます。



インプラントの治療法は現在では15歳より上の年齢の約40人に1人が行っている方法です。


これは日本の歯科医院の約20%がこの手術を行っています。


一医院あたりひと月で二件の手術と想定してひと月あたり三万件弱の市場であることが理解できます。




そこにきて結構お高めなイメージの治療を易々と数字通りお客はくるのでしょうか?と感じますよね。

だけどご心配には及びません。


現在心配する程少子化現象が進んでいますよね。高齢化以前に集まっていた年配の方のお金をかける所がご自身へとなりました。

何より年をとるとこのまま元気に年を取りたいそういう気持ちが頭をかすめます。そしてよく聞く声が健康な歯が残り少ないという悩みです。


そしてそれを救ってくれるのがかのインプラントなんです。


入れ歯は不便だ…話しやすい歯が欲しい。そんなかんじで、現実も手術を受ける人の半数以上が45歳以上です。そんな事もあり各種類のデータからインプラントの需要でいうとずっと伸びて行きます。


歯が抜け落ちた後、主に三種類の治療になります。

インプラントとブリッジ、そして入れ歯です。

ブリッジ治療は虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。それに加えて、入れるとこによし銀歯になってしまいます。




けれども少々の違和感ですみ、手術もなく、短期の治療期間とのメリットがあるのです。


聞きなれた入れ歯では良い部分はブリッジと近いですが、違和感があり、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むという欠点などがあります。最後に最近注目を浴びているインプラント費用が他よりも高額で、手術がいるし治療期間は比較的長くなるという欠点があるけども、他の治療法よりも審美性が最も高く、自分の歯と同じようにご飯などを噛めるようになるメリットがあります。インプラントを劣化させず長持ちしていくためにも絶対解っておきたい事が在ります。

それは治療前に実は非常に怖い病気が潜む歯周病治療をちゃんとしておくこと大事です。


次の二つ目はインプラント治療
した後でも放置しないよう歯科クリニックのメンテナンスをしてもらことです。

もし放置やメンテナンスを怠ると最終的にはインプラントが抜けてしまうというインプラント特有の歯周病になる可能性があります。