歯科の市場の規模につきましては、

歯科の市場の規模につきましては、今日では日本でおよそ7万弱の歯科医院があって全国でひしめき合っています。歯科医院の増大の一因は医大などの増設により歯科ライセンス取得者が激増して、歯科医が増大してしまいました。今の歯科医は治療コストのトータルはほぼ右肩上がりしていない状態で、歯科医院はわずかであるお客さまの数で、お客さんを取り合いになる様子です。


必要に迫られて、周囲のクリニックはインプラント等自費の診療の導入を取り組み始めています。




インプラント治療については現状では15歳以上のおよそ1人/40人が利用している状態です。



余談ですが現状で全国の約13600の歯科医院がインプラント手術に取り組んでいます。一つの歯科医院あたりひと月で二件の手術と仮定すると月間で約27000件に上るマーケットである事が計算できます。


気になるのは高いインプラント費用であるのに気軽にポンポン手術になるかと不思議でしょう。


でも大丈夫なんです。


今では焦る程高齢化へと迫っているでしょう。昔に落とされていた高齢者の支払いポイントが自分の為にとなりました。




更に年とともに健康・介護に備えたいという気持ちが真剣に考えるようになるのです。



そしてその中でよくあるのが歯を失う…という不安です。



その解決策がインプラント治療
です。自分の歯を保ちたい・スムーズに話したい。

そう願う方が多くなり、現実にお客の約88%が45歳以上です。




つまり、色々な情報ではインプラントの人気は急速に増して行くでしょう。




インプラント治療には当然メリットがありますが、反面デメリットも存在します。




最初にメリットは本来の自分の歯をほぼ同じ力で噛むことができるということです。




次のメリットでは、インプラントを埋める隣の健康の歯に影響がないことです。


それから、見た目的に天然の歯を同じくらい美しいです。それから、インプラントはブリッジや入れ歯と異なって、異物感がないのです。さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。



デメリットは、普通の歯治療とことなり非常に高額なとこです。



で、手術が必要です。




またメンテナンスをしないとインプラント歯周病になります。




さらにはすべての種類のインプラントがまれに骨とくっつかないケースが生じます。


インプラントはどういう構造かと申しますと、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部と人工歯根の上に取り付けられる支台部とそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯からなる3つの部位でできた造りになっているのです。


インプラントの種類ではインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプとインプラントとアバットメントが一体化したタイプの1ピースタイプの二種類が現在あります。インプラントの歯科を選ぶポイントが当然あります。まずは経験や実績の豊富なクリニック医師かどうかです。そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、費用や保証や治療期間などを具体的にに説明している医院であるのかどうかです。

それから治療後もしっかりメンテナンスしてくれるところなのかどうも特に大事な選定ポイントになります。