歯が抜けたあとは、主に三種類の治療があり

歯が抜けたあとは、主に三種類の治療があります。

ブリッジ・入れ歯・インプラントの3つです。




まずブリッジは他の健康な歯を削る必要があります。

また、はめる所により銀歯になります。


けれども少々の違和感ですみ、手術もなく、短期の治療期間というメリットもあります。

聞きなれた入れ歯ではまあメリットはブリッジの治療方法と同程度ですが、異物感を感じやすく、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むというデメリットなどをもっています。最後にインプラント治療法は費用が他よりも高額で、手術がいるし長い治療の期間というデメリットがあるが、他よりは審美性が良く、自分の歯と同じようにご飯などを噛めるようになるメリットがあり、もっともオススメできる治療法です。

インプラント歯周炎という病気が存在します。これは2つに分けられます。


第一にインプラントのその周りの炎症を起こすインプラントの周囲粘膜炎です。



それから進行形のインプラント周囲炎です。

インプラント周囲炎での症状は一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、歯茎とインプラントの間の溝が深くなったりする症状があげられます。


インプラントの歯科を選定する大事なポイントが当然あります。

まず初めは経験や実績のある医師であるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。




次に、きちんと他の治療方法や、インプラント治療を含めた様々なメリット・デメリット、値段や治療期間なんかをわかりやすくかつ丁寧に納得するまで説明してくれる歯科医院であるのかどうかです。それから、治療後のインプラントのメンテナンスもきちんとしてくれるクリニックであるのかどうかもしっかり参考にしなければいけないでしょう。



歯科クリニック院数というと、こんにちでは全体で約68000程度の歯科医院があるという事で、あちこちで余っている状態です。歯医者過多の背景は医大・歯科大のいたるところで新設され、年間の歯科医師の資格を取得する人が大幅に増え、歯科医院自体が増大してしまいました。



こんにちの歯科医院は治療費の収入が横ばいでアップしてない状況で、歯科医は少ない客数で、受診者を取り合いになる状態です。


経営危機の為、巷の歯科医はインプラントをはじめ自費診療の囲い込みをしています。


このインプラント治療
は今では日本では15歳?のおよそ2.6%の人が利用している状態です。


そして現在の歯科医の約13600医院がインプラントの手術をしているのです。一つの歯科医院あたり一ヵ月で二ケースの治療と決めて月間25000件以上のマーケットになってると理解できます。



ただ、高値のインプラントなのにそんなにコンスタントにお客さまを獲得できるのでしょうか、などなど思うよね。いえいえ大丈夫ですよ。

ここしばらくすごい速さで高齢化の社会が迫っているでしょう。その前に集まっていたお年寄りのお金の使い道が自分の為にとなりました。プラス年齢が上がる程将来の健康面が不安という思いが頭の片隅から離れなくなります。

そしてその中で注目されやすいのが自前の歯が痛んでくる事です。

そうなった時に助かるのがインプラントというわけです。



自分の歯の実感がほしい…スムーズに話したい!そう願う方が多くなり、現実でもデータを見ると患者の90%近くが45歳以上だったのです。

そんな事もあり各種のデータをみてもインプラント手術の必要性はだんだん伸びています。