歯が抜け落ちた後、概ね3つのパターンで治療

歯が抜け落ちた後、概ね3つのパターンで治療が選ばれることかと思います。




インプラントとブリッジ、そして入れ歯です。まずブリッジはどうしても健全な歯を削らなければいけません。それにはめる部位によっては銀歯にしなければいけません。

しかし治療期間も短期で、違和感も少ないというメリットもあります。2つめの入れ歯治療ではブリッジと同様程度のメリットですが、なにか変な感じという違和感があり、非常にかみ合わせが悪い場合があるとデメリットなどをもっています。


最後になるインプラント治療はどうしても他の治療法より高額で、外科手術をしなければならず埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがあるんだけども、やはり審美性が高く、一番治療後にも自然的で、咀嚼能力も最も良いというメリットなので、医院でも勧められえています。


なりたくないインプラント歯周炎という病気が存在します。

この病気は進み具合によって二種類があります。第一にインプラントのその周りの炎症を起こす初期のインプラント周囲粘膜炎です。




そして、より進行したインプラント周囲炎というものです。




周囲炎の症状としては痛みや出血が生じたり、歯茎が次第に痩せてきたりすることです。インプラントというのはデメリットもあり当然メリットもあります。


まずメリットは強く噛めることが可能ということ。



次のメリットでは、インプラントを埋める隣の健康の歯に影響がないことです。


そして天然歯と見分けがつかないほど健康的で美しく見えます。それから、インプラントはブリッジや入れ歯と異なって、異物感がないのです。さらにインプラントは普通に会話ができるメリットもあります。



反対にデメリットの方では、インプラントの1本あたりの値段が30万前後したりするので高額です。

そして手術を必要とします。



また定期検査をしておかないと歯周病になったりします。


さらに、出来ない患者もいます(重度の糖尿病患者など)。



インプラント
はどういう構造かと申しますと、人工歯根をそこの上に取り付ける支台部と、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるからなる3つの部位でできた造りになっているのです。


また、インプラントの種類には人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプのタイプの種類があります。