歯周病とかで抜歯した後は、3つの治療方法が選択できます

歯周病とかで抜歯した後は、3つの治療方法が選択できます。


それはブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療
になります。ブリッジ治療はどうしても健全な歯を削らなければいけません。




それに加えて、部位によって銀歯になる可能性があります。



しかしながら、治療期間も短期で、違和感も少ないという良い点(メリット)があります。入れ歯ではまあメリットはブリッジの治療方法と同程度ですが、違和感があり、天然歯と比べて非常に噛みにくいという良くない評価があります。


。最後の治療法の最近注目を浴びているインプラントインプラント自体が高額で、手術がいるし長い治療の期間というデメリットがあるが、他の治療法よりも審美性が最も高く、咀嚼能力も最も良いというメリットがあり、もっともオススメできる治療法です。インプラントの歯科医院を選定する大事なポイントはやはりあります。第一に今までの症例数の多いクリニックであるかでしょう。次にしっかりその他の治療方法や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、費用や保証や治療期間などをわかりやすく説明する歯科医院であるのかどうかです。

最後は治療後の定期検診(メンテナンスなど)もしっかり行っている歯科医院かどうかも慎重に見極めなければなりません。

歯科医院のシェア数については、こんにちでは全国ざっと確認してみても6万強の医院があり、全国単位でコンビニよりも多い有様です。

デンタルクリニック過多の訳は医大が立て続けに新設され年間の歯科医師の資格を取得する人が約年間2000名となり、歯科医が増大してしまいました。




現在の歯医者は治療費の収入がそのままで増えてない模様で、歯科医は限りあるお客さまの数で、患者を取り合いになる実態です。


売り上げ回復の為、各々のデンタルクリニックはインプラントやホワイトニング等より高額になる自由診療の導入を取り組み始めています。インプラントの治療法は現状オーバーフィフティーン大体2.6%の人が行っている治療の方法です。ちなみに言うと、いまでは13600数の歯科医(全国の歯科医の約5分の1)がインプラント治療をやっています。一医院あたり一ヵ月でふたつの手術をすると想定して月間で約27000件以上のマーケットである事が理解できます。

ここで思うのはかなり高額なインプラント手術、継続的に本当に手術に至るのかと疑問をもたれるでしょう。でも問題ありません。現在急激に高齢化現象が歩んでいますよね。

昔に払われていた高齢の方のポケットマネーの使い道が周りに孫もいないし、自分自身に使おう、という人が増えてきています。


それプラス高齢になるにつれ将来の健康面が不安そんな気持ちが込み上げてくるのです。


そんな時期によく聞きますがだんだん健康な歯が失われてくるという事です。


その解決策がインプラント治療というわけですね。ブリッジや入れ歯なんかじゃいやだ。

色んな場面で自由さが欲しい・そんな思いが増す中年者の人が増え、やっぱり実際でも患者のおおよそ88%が45歳以上です。そんな感じで、多方面の結果からこのインプラントの注目度は日を追う毎に増します。ずっとインプラントをしていくためにも、かならず心にとどめておきたい事があります。

それは治療前に実は非常に怖い病気が潜む歯周病治療をちゃんとしておくこと大事です。



そして次にインプラント手術後もインプラントの周囲の歯のお手入れといったメンテナンスをきちんと受診することです。もし放置やメンテナンスを怠るとインプラントが抜けてしまうインプラント周囲炎の怖い病気になります。