歯科シェアですと、今日では全体で約6万強の医院

歯科シェアですと、今日では全体で約6万強の医院がございまして、色々な場所で余っています。


歯医者過多の訳は歯科大が新設ラッシュにより、歯科ライセンスを得る人が激増し、歯医者さんが増大してしまいました。

現在の歯医者は治療費の総額が横ばいでのびてない状態で、歯科クリニックはわずかなフィールドで、患者様を取り合いになる現状です。



売上アップの為、各々のデンタルクリニックはインプラント等自費診療の導入をしています。


インプラントは今日本では15歳?の大体2.6%の人が埋入している治療の方法です。ちなみに全国の約13600もの歯科医院がインプラント治療を導入しています。一医院あたり月間でふたつのインプラント手術をすると想像すると月間で何と30000件近くの市場だと思われます。

ここで思うのは決して安くはない治療費、易々と数字通りお客はくるのでしょうか?と思いますよね。しかし大丈夫です。



ここのとことても高齢化が迫ってますよね。


もっと前までに集まっていた高齢の方のマネーの使い道がご自身へとなりました。

何より年をとると健康面が大事だという思いが込み上げてくるのです。そんな時期によく聞く声が自前の歯が痛んでくる事です。


そしてその救世主がインプラント手術なんですね。入れ歯よりも最適な方法がいい!!生活上より便利なものが良い♪そう願う方が多くなり、やっぱり実際でも患者さんのおおよそ88%が45歳以上なのです。そういう事なので、様々な資料からインプラントの必要性はじわじわと増すと思います。インプラント治療はデメリットもあり当然メリットもあります。まずはメリットの方では天然歯とほぼ同等の力で強く噛むことできるの事です。次に、健康の歯を削る必要がないことです。そして天然歯と見分けがつかないほど健康的で美しく見えます。

また異物感はないです。さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。

ではインプラントのデメリットは、インプラントそのものが高額です。


割と大きな手術が必要な店です。



また、メンテナンスをしないといけません。

さらにインプラント治療
はすべての人に出来る治療ではないということです。例えば糖尿病の人はできない場合があります。


なりたくないインプラント歯周炎があります。


これは二つの異なる歯周炎に分類されます。まず、インプラント周囲粘膜の部分に生じるインプラントの周囲粘膜炎です。それから進行形のインプラント周囲炎です。




主なインプラント周囲炎の症状は粘膜が発赤したり膿がでたり、インプラントがグラグラしてきたりする事です。インプラントを長持ちさせるためにかならず頭の片隅に入れた置きたい事が在ります。それはインプラントの治療する前に、大変恐ろしい歯周病の治療を前もって終了させておくことが大事です。それから治療した後でも積極的に歯科医院のメンテナンスを受診することです。




しかしきちんと毎日の歯磨きをせずに定期検診を受けなかったりするとインプラントが取れて落ちてしまうインプラントに起こりがちな歯周炎になったりします。