インプラントにはデメリットもあり当然

インプラントにはデメリットもあり当然メリットもあります。


メリットでは、生まれ持った歯と同じパワーで噛む事ができます。つぎに健康である歯をけずる必要がないことです。そして審美的にもよく、自分の歯と見分けがつきません。それからブリッジや入れ歯との違いでいうと、まずインプラントには何か口の中に入れているという感覚がありません。さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。


デメリットは、インプラントの1本あたりの値段が30万前後したりするので高額です。

人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。また、メンテナンスは必須な治療方法です。

さらに重症の糖尿病の方や骨粗鬆症の方はできません。

そもそもインプラントってどんなものかというと、ネジのようなチタンで作られた人工歯根と人工歯根の上に取り付けられる支台部とその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯という部品からなるものなのです。

次にインプラントにはどういうものがあるかというと人工歯根つまりインプラントと人工歯の下の支台部がネジでとめている2ピースタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプのタイプの種類があります。

長くインプラントをしていくためにも、是非とも脳裏に焼き付けてほしい大切な項目があります。インプラント治療開始前に歯を溶かしていく歯周病の治療をちゃんとしておくこと大事です。

そして次に治療した後でも適切な定期検診をきちんと受診することです。


しかしながら、もしメンテナンスを放置すると歯周病で歯が抜け落ちてしまうようにインプラントが抜け落ちるインプラント特有の歯周病になる可能性があります。インプラント専門の歯科医院を選ぶポイントがあります。


第一に今までの症例数の多いクリニックかどうかです。


またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、インプラント治療を含めた様々なメリット・デメリット、治療期間や保証・そして費用などをわかりやすく説明する歯科医院であるのかどうかです。それから、治療後のインプラントのメンテナンスもきちんとしてくれるクリニックかどうかしっかりリサーチして選ぶ上での大事な項目にする必要があります。


こちらから