歯が抜けたあとは、3つのやり方で治す方

歯が抜けたあとは、3つのやり方で治す方法で行っていきます。

よく聞く入れ歯とブリッジ、インプラントです。ブリッジからいくと他の健康な歯を削る必要があります。それに加えて、はめる部位によっては銀歯にしなければいけません。しかしながら、手術もいらず、治療期間もそれほど短いとのメリットがあるのです。

入れ歯ではブリッジと同様程度のメリットですが、やはり違和感を感じやすく、咀嚼能力が大きく低下してしまうという欠点などがあります。では、インプラント治療ではどうしても他の治療法より高額で、外科手術をしなければならず長期の治療期間になるデメリットがあるんだけども、他の治療法よりも審美性が最も高く、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットがあります。

インプラントの歯科医院を選ぶポイントはやはりあります。

まずは経験や実績の豊富なクリニック医師であるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。

またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、インプラント自体のメリットとデメリット、治療の期間やトータルコストなどを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院かどうかですね。



最後に術後の定期健診を医師だけでなく専門のスタッフなども完備している歯科医院かどうかしっかりリサーチして選ぶ上での大事な項目にする必要があります。インプラント歯周炎があります。


この病気は進み具合によって二種類があります。


まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなる周囲粘膜炎です。




二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。


主なインプラント周囲炎の症状は出血がでたり膿がでたり、歯茎が次第に痩せてきたりする事です。

インプラントの構造はどういうものかというと、人工歯根を人工歯根の上に取り付けられる支台部と、でその支部台の上に人工の歯冠をかぶせるという部品から出来上がる構造なのです。

また、インプラントの種類には人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプと人工歯根と支台部が一つになっている1ピースタイプのものがあります。



インプラント治療法のすすめ