インプラントの歯科をチョイスするポイントがあります。ま

インプラントの歯科をチョイスするポイントがあります。まずは実績・技術力ともに全く問題ない歯科医師かどうかです。そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、メリットとデメリット、費用や保証や治療期間などをわかりやすく説明する歯科医院かどうかも大事な選定ポイントです。


それからインプラント治療後もしっかりメンテナンスしてくれるところかどうかも慎重に見極めなければなりません。

インプラント治療には良い点と悪い点があります。


まずメリットは、天然の歯とほとんど同じぐらいの力でかむことが可能です。


つぎに健康である歯をわざわざけずる必要がありません。そして、見た目として自分の歯とほとんど見分けがつかないです。




また異物感はないです。



インプラント治療法のすすめ

 


さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。


デメリットは、普通の歯治療とことなり非常に高額なとこです。で、顎の骨の中に人工歯根を埋め込む必要があるので、手術が必要になります。

また定期検査をしておかないと歯周病になったりします。さらにインプラント治療はすべての人に出来る治療ではないということです。例えば糖尿病の人はできない場合があります。インプラントを長く埋入し続けるためにも100%といってもよいぐらい忘れないでほしい大事なことが存在します。インプラント治療開始前に歯を溶かしていく歯周病の治療を前もって終了させておくことが大事です。


そらから、インプラント手術後も毎日の歯磨きと定期的な検診を受診することが大事です。しかしきちんと毎日の歯磨きをせずに定期検診を受けなかったりすると人工歯根が抜け落ちる事態に陥ってしまいます。


そもそもインプラントってどんなものかというと、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントと、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠という主に三つの部位からの構造としてできています。


また、代表的なインプラント種類では人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプとインプラントとアバットメントが一体化したタイプの1ピースタイプのものがあります。