歯医者の数につきましては、今では日本全体で約7万弱

歯医者の数につきましては、今では日本全体で約7万弱の歯科医院が乱立しておりそこかしこでコンビニエンスストアよりも多くて飽和しているそうです。



歯医者さんの増大の原因として大学のどこでも新しく作られ年間の歯科ライセンス取得者がぐっと増えてきて、歯科医が増えたのです。


現在の歯医者は治療コストの売上がほとんど増えてない模様で、歯科医院はほんとに限られた範囲で、お客を奪いあう感じです。



売り上げ回復の為、各歯科医院はインプラントや矯正など高額である自費診療の導入を行っています。

インプラント治療は現状で日本では15歳?のおよそ2.5%の人がトライしている方法なのです。そうして日本の歯科医院の約20%がこの手術を行っています。

一クリニックあたり一ヵ月二件の手術と決めて何と月間で27200件の市場になっていると計算できます。


ここにきて気がつくのは高いインプラント費用であるのにそんなにほいほいと皆様治療されるものでしょうか?などと疑いますよね。


だけどご心配には及びません。

こんにち急激に少子化が進んでいますよね。

大昔に落とされてたおじいさんおばあさんの支払いポイントがご自身へとなったのです。それから年を重ねると介護や老後に備えねばそんな気持ちが込み上げてくるのです。そんな時によくありますが健康な歯がダメージを受けてくる事です。


そしてそれを救ってくれるのがインプラント手術なんですね。


入れ歯よりも最適な方法がいい、生活の質を向上させたい、そんなかんじで、現実に患者さんの9割近くが45歳以上です。



というわけで多方面の調べた結果インプラント手術の人気は年ごとに増えます。


インプラントというのは良い点と悪い点があるのです。




メリットの方では、天然の歯とほとんど同等の力で強く噛むことできるの事です。




次では、インプラントをする以外の健康の歯には影響をうけません。

そして、見た目の上でも美しく、天然の歯と見分けがつきません。また、次のメリットでは入れ歯やブリッジといったものと違い、口の中での異物感は感じません。


さらにきちんと会話もでき、不便を感じません。

反対にデメリットの方では、普通の歯治療とことなり非常に高額なとこです。

場合によっては神経や血管を傷つけてしまう恐れのある手術が必要であることです。


またメンテナンスをしないとインプラント歯周病になります。さらにはすべての種類のインプラントがまれに骨とくっつかないケースが生じます。インプラントはどういう構造かと申しますと、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントと、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠という3つの部位からの構造としてできています。インプラントの種類では歯根と支台部をネジなんかでとめる2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプのタイプの種類があります。


インプラントのクリニックをチョイスするポイントはやはりあります。最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターであるのかどうかが非常に大事です。そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、それぞれのメリットとデメリット、治療期間や保証・そして費用などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院かどうかですね。


最後にインプラント治療
・手術が終わった後でもきちんと定期検診してくれる医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。