インプラントの歯科医院をチョイスする

インプラント治療
の歯科医院をチョイスする大切なポイントは確かにあるでしょう。まずは実績・技術力ともに全く問題ない歯科医師であるかでしょう。


次に、きちんと他の治療方法(入れ歯やブリッジなど)や、メリットとデメリット、治療期間や保証・そして費用などをわかりやすく説明する歯科医院かどうかも選ぶ際の参考となります。

それからインプラント手術や治療が一段落ついた後でもきちんと長持ちさせるためにメンテナンスを行っている歯科医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。歯が抜けたあとは、3つの治療方法で行っていきます。

ブリッジ、入れ歯、インプラントです。

ブリッジは虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。


それに加えて、はめる所により銀歯になります。しかしそれほど違和感を感じず、手術不要というメリットがブリッジにあります。

次の入れ歯ではまあメリットはブリッジの治療方法と同程度ですが、なにか変な感じという違和感があり、総入れ歯ぐらいになると噛み合わせが大変良くないという欠点などがあります。


最後にインプラント治療では保険外の自由診療で手術も必要となり埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがありますが、やはり審美性が高く、一番治療後にも自然的で、普通に喋ることもでき、咀嚼能力も自分の歯同様にまで回復できるメリットがあり、もっともオススメできる治療法です。

インプラント構造は、歯根部とその歯根部の上にとりつける支台部とその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯という部品からなる構造です。

次にインプラントの種類は人工歯根つまりインプラントと人工歯の下の支台部がネジでとめている2ピースタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプのものがあります。



歯医者の規模ですと、現状日本では約60000を超える医院があり、全体的に飽和しています。


歯医者多すぎの背景は医大・歯科大などの増設により年間歯科ライセンス取得者がだんだん増えることによって、歯科クリニックが急増したのです。今の歯科医は診療の費用総額がほぼのびてない実情で、歯医者はわずかな戦場で患者様を奪いあう感じです。

経営存続の為、歯科医院はインプラントや予防歯科等自由診療の導入を工夫しています。


このインプラントという治療法は今ではオーバーフィフティーン2.6%(40人に1人くらい)てを出している最先端的治療法です。


補足すると、日本の歯科医約68000件のうちの約20%、13600医院がこの手術を行っています。


一つの医院で月間でふたつのインプラント手術をすると仮定して月間で約27000件以上の市場があると考えられます。気になるのはインプラントといえば気軽な値段ではないだけに気軽にポンポン手術になるかと心配ですよね。


でも問題ありません。

今ではとっても高齢化現象が進んでいますね?少子化以前に落とされてたお年を召した方のキャッシュポイントがセルフプロデュースの為へとなりました。プラス高齢になると健康面が大事だという思いが頭の片隅から離れなくなります。そんな時によく聞くのが入れ歯にはなりたくないというものです。

その解決策が「インプラント」というわけなのです。入れ歯よりも最適な方法がいいっ!話す時に気にしたくない!そんな風に悩みを解消したいと思う年配が増え実際お客さんの約88%が45歳以上こえているのです。



そういう事なので、色々な情報ではインプラント手術の手術数はじわじわと増えて行くでしょう。