インプラント周囲炎てものがあります。これは二

インプラント周囲炎てものがあります。




これは二つの異なる歯周炎に分類されます。


まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなる周囲粘膜炎です。

二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。インプラント周囲炎での症状は一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、歯茎が次第に痩せてきたりすることです。

インプラントをより長く愛用するために是非理解しておきたい大事なことがあります。


それはというとインプラントをする前に、歯周病治療をしっかりと済ませておくことです。つぎはインプラント治療
後も歯医者さんの定期検診をきちんと受けてチェックしつづけることになります。

もし放置やメンテナンスを怠るとインプラントが抜けてしまうインプラントに起こりがちな歯周炎になったりします。


抜歯した後は、概ね3つのパターンで治療になります。



それはブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療になります。

ブリッジはどうしても健全な歯を削らなければいけません。


また、部位によって銀歯になる可能性があります。しかしながら、少々の違和感ですみ、手術もなく、短期の治療期間といったメリットがあります。


次の入れ歯ではメリットはブリッジと同じといっても過言ではありませんが、どうしても違和感を覚えやすく、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むというデメリットがあります。最後にインプラントはインプラント自体が高額で、外科手術がマストかつ長期の治療期間になるデメリットがあるのだけれども、他の治療法より一番美しく、生まれ持った歯と変わらない咀嚼能力というメリットがあるので、インプラントをする人も増えています。歯科クリニック数について、今は日本でアバウトに6万5百以上の歯科医院が乱立しており色々な場所で供給過多で苦しい状態です。歯医者さんの増大の原因は大学の増設により歯科ライセンスを取得する人が大幅に増え、その結果歯科医が激増してしまいました。現在の歯科医は診療のコスト金額がほとんど伸びてない状況で、医院は決められた客数で、お客さまを引き合う状況です。

何とか稼ごうと、周囲のクリニックはインプラントや矯正など自由診療の導入を始めています。



例えばインプラントといえば現在では日本では15歳以上の大体2.6%の人が使用している選ばれし治療法です。


そして約13600の全国の歯科医院がインプラント治療をやっています。


一歯科医院で一ヵ月でふたつの手術をすると決めて月間27000にものぼるマーケットになってると思われます。

しかし、そんな高額なインプラント治療をそんなにうまく顧客はあるのかと思いますよね。でも、実は大丈夫なんです。

現状焦る程高齢化が迫っています。少子化より前に使われてたお年寄りのキャッシュポイントがご自身へとなったのです。


そして高齢になるにつれ元気に老後を迎えたいという気持ちが心にでてきます。そしてやはり代表格とも言えるのが健康な歯がダメージを受けてくる事です。




そしてそれを補ってくれるのがインプラント治療です。


入れ歯よりも最適な方法がいい、話す時に気にしたくない。そうイメージするお年寄りが多くなって、実際に顧客のおおよそ88%が45歳以上です。要するに、各々のデータをみてもインプラント手術の人気はずっと増します。