長くインプラントを持たせるためにも、かなら

長くインプラントを持たせるためにも、かならず解っておきたい事があります。


それはインプラントをする前に歯を溶かしていく歯周病の治療をしっかり終わらせておく事です。そして次にインプラントした後でもメンテナンスを怠らずに受けてチェックしてもうらことです。

もしもメンテナンスをしないでいるとある日インプラントそのものが抜け落ちる恐ろしいインプラント周囲炎にかかったりします。インプラント治療する歯科医院を選ぶポイントが存在します。まずは経験や実績の豊富なクリニック医師であるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。

またインプラント治療だけではなくそれ以外の違う治療方法や、メリットとデメリット、治療の期間やトータルコストなどをわかりやすくかつ丁寧に納得するまで説明してくれる歯科医院であるのかどうかです。最後に術後の定期健診を医師だけでなく専門のスタッフなども完備している歯科医院なのかどうも特に大事な選定ポイントになります。そもそもインプラントは良い点と悪い点があるのです。


まずメリットは、天然の歯とほとんど同じぐらいの力でかむことが可能です。


それと他の歯を削らなくとも良いということです。そして天然歯と見分けがつかないほど健康的で美しく見えます。


それからブリッジや入れ歯との違いでいうと、まずインプラントには何か口の中に入れているという感覚がありません。さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。



反対にデメリットの方では、インプラント治療
そのものが高額です。場合によっては神経や血管を傷つけてしまう恐れのある手術が必要であることです。


また定期的なメンテナンスが必要ということです。



さらにインプラント治療はすべての人に出来る治療ではないということです。

例えば糖尿病の人はできない場合があります。




大変怖いインプラント歯周炎てものがあります。



この病気は進み具合によって二種類があります。




ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなる初期のインプラント周囲粘膜炎です。

それから進行形のインプラント周囲炎です。




インプラント周囲炎の症状としては出血がでたり膿がでたり、歯茎の退縮になったりが主な症状です。