インプラント治療をしている歯科医院を選ぶポイントはやは

インプラント治療
をしている歯科医院を選ぶポイントはやはりあります。最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターであるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。またインプラント治療だけではなくそれ以外の違う治療方法や、インプラント自体のメリットとデメリット、値段や治療期間なんかを患者の目線に立ってきちんと説明や相談してくれる歯科医院かどうかですね。

最後に術後の定期健診を医師だけでなく専門のスタッフなども完備している歯科医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。




インプラントというのはデメリットはありますが、当然メリットもあります。最初にメリットは本来の自分の歯をほぼ同じ力で噛むことができるということです。つぎに健康である歯をけずる必要がないことです。

そして天然歯と見分けがつかないほど健康的で美しく見えます。それから入れ歯と異なり、口の中に何か入っているといったことを感じず自然な感じです。さらにきちんと会話もでき、不便を感じません。




ではデメリットの方では、インプラントそのものが高額です。


そして手術を必要とします。また、メンテナンスをしないといけません。



さらにインプラント治療はすべての人に出来る治療ではないということです。

例えば糖尿病の人はできない場合があります。

なりたくないインプラント歯周炎があります。


この病気は進み具合によって二種類があります。


まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなる周囲粘膜炎です。


それから進行形のインプラント周囲炎です。インプラント周囲炎での症状は痛みや出血が生じたり、歯茎とインプラントの間の溝が深くなったりすることです。歯医者さんの規模では、只今日本では大体7万弱の歯科医院が存在し、どの地域も余っている状態です。


歯科医院の供給過多の理由は大学が新設により歯科資格の取得者が大幅に増え、歯医者さんが増大したのです。

近頃の歯科医院は診療費のトータルがそんなに伸びていない状況で、デンタルクリニックは少ない戦場で利用者を横取りを狙う実態です。収入アップを狙い、歯科医院はインプラントや予防歯科等自費の診療のますますの導入を工夫しています。




例えばインプラントでは現在では日本では15歳以上のおよそ2.6%の人が埋入している状態です。


そして歯科医の約20%(13600医院)がインプラントの手術をしています。一歯科医院で二件/一ヵ月の手術と仮定すると何と月間で27200件のマーケットがあるとわかります。

ちなみに高いインプラント費用であるのにそんなにほいほいと皆様治療されるものでしょうか?などと思うよね。

でも大丈夫なんです。




ここしばらくはっとする程高齢化の社会が進んでいますね?少子化より前に払われていた高齢者のお金の払い先が他者ではなく自分へと変わりました。それに加え高齢になるにつれ介護や老後に備えねばなんて思いが強くなってきます。代表的なのが代表格とも言えるのが健康な歯が残り少ないという悩みです。




そんな時にありがたいのがインプラントというわけです。気にする事無くかみたい、話しやすい歯が欲しい・そんなかんじで、実際に患者さんの9割近くが45歳以上だったのです。




そういうわけで、見る限りの調べた結果インプラント手術の注目度は急速に増えて行くでしょう。