なりたくないインプラント歯周炎という病気があります。こ

なりたくないインプラント歯周炎という病気があります。この歯周炎は2つの病気に分類されます。

ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなる初期的なインプラント周囲粘膜炎という病気です。二つ目は顎の骨の方まで炎症したものです。

症状としては痛みや出血が生じたり、インプラントがグラグラしてきたりする事です。




インプラントを愛用していくためにも一応知っておかなければならない大切なポイントがあります。それはインプラント治療開始前に、歯周病治療をきちんと完全に終了させておくことです。次に、インプラント手術後もインプラントの周囲の歯のお手入れといったメンテナンスを受けることです。

しかしながら、もしメンテナンスを放置するとインプラントが抜けてしまうなりたくない病気になってしまう可能性が生じます。




インプラント(人工歯根)を選ぶポイントはあります。



まずは経験や実績の豊富なクリニック医師であるかどうかです。


またインプラント治療
以外の治療方法や、それぞれのメリットとデメリット、治療の期間やトータルコストなどを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院かどうかということです。


それからインプラント治療後もしっかりメンテナンスしてくれるところであるのかどうかもしっかり参考にしなければいけないでしょう。歯周病とかで抜歯した後は、概ね3つのパターンで治療が選択できます。それはブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療になります。



ブリッジは他の健康な歯を削る必要があります。


そして、はめる所により銀歯になります。でも、割と簡単に治療でき、いうほど違和感を感じないというメリットもあります。


入れ歯ではまあメリットはブリッジの治療方法と同程度ですが、違和感があり、非常にかみ合わせが悪い場合があると良くない評価があります。






最後の治療法のインプラントでは自由診療のため高額になり、手術がいるし治療期間は比較的長くなるという欠点があるが、審美性は抜群に高く、天然歯と同様の力で噛む事ができるメリットであるため、長い目でみてもおすすめです。