インプラント治療をしている歯科医院

インプラント治療
をしている歯科医院を選定する大事なポイントはあります。

第一に今までの症例数の多いクリニックかどうかでしょう。


またインプラント治療だけではなくそれ以外の違う治療方法や、メリットとデメリット、費用や保証や治療期間などを患者目線で丁寧に説明してくれるクリニックであるのかどうかです。最後は治療後の定期検診(メンテナンスなど)もしっかり行っている歯科医院であるのかどうかもしっかり参考にしなければいけないでしょう。インプラントというのは患者にとってメリットとデメリットがあります。

まずメリットは、天然の歯とほとんど同じぐらいの力でかむことが可能です。


つぎに健康である歯をわざわざけずる必要がありません。

そして天然歯と見分けがつかないほど健康的で美しく見えます。それから、インプラントはブリッジや入れ歯と異なって、異物感がないのです。

さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。


ではインプラントのデメリットは、インプラントの1本あたりの値段が30万前後したりするので高額です。

で、顎の骨の中に人工歯根を埋め込む必要があるので、手術が必要になります。また定期的な健診がいります。


さらにインプラント治療はすべての人に出来る治療ではないということです。

例えば糖尿病の人はできない場合があります。歯科クリニックシェアについて、現在では全体でざっと60000を超える医院がございまして、色々な場所でコンビニエンスストアよりも多くて飽和しているそうです。

歯科医の増えた一因として医大・歯科大のどんどん新設され歯科ライセンスを得る人がだんだん増えることによって、その結果歯科医が増大してしまいました。




現在の歯科は治療費の売上はそんなに増えてない状態で、歯科のクリニックは少ない範囲内で、患者さんを増々奪い合う現実です。




収入アップを狙い、各々のデンタルクリニックはインプラントや矯正など高額である自費診療の数を増やす事を始めています。インプラントという方法は今では日本では15歳以上の約2.5%の人が使用している治療方法です。余談ですが約13600の全国の歯科医院がインプラント治療をやっています。一クリニックあたりひと月あたり二件の手術と決めて何と月間で27200件の市場であることが予測できます。しかし、普通の感覚ではどうしても高額になる治療、そんなにほいほいと皆様治療されるものでしょうか?などと疑いますよね。




けれど大丈夫です。


今日猛スピードで高齢化の社会が進んでいます。




少子化以前に払ってた高齢者のお金を使う場所が他者ではなく自分へと変わりました。


それプラス年齢が上がる程健康面が大事だという考えが強くなってきます。やっぱりその中でよくあるのが入れ歯にはなりたくないというものです。

その解決策が「インプラント」というわけなのです。ブリッジや入れ歯なんかじゃいやだ♪生活上困りたくない!!そう願う方が多くなり、現状にお客さんのおおよそ88%が45歳以上です。

そういう事なので、聞く限りの結果からインプラント治療の注目度は年々増すと思います。


大変怖いインプラント歯周炎という病気が存在します。この歯周炎は2つの病気に分類されます。




ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなるインプラント周囲粘膜炎というものです。二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。主なインプラント周囲炎の症状は粘膜が発赤したり膿がでたり、歯茎が次第に痩せてきたりが挙げられます。