抜歯した後は、主に三種類の治療が

抜歯した後は、主に三種類の治療が選べれます。



インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。




ブリッジは健康な歯を削るなどして犠牲にします。


それに加えて、場所によっては銀歯になります。


しかしながら、少々の違和感ですみ、手術もなく、短期の治療期間などのメリットがあります。2つめの入れ歯治療ではまあメリットはブリッジの治療方法と同程度ですが、どうしても違和感を覚えやすく、咀嚼能力が大きく低下してしまうという欠点があります。それから、インプラントはインプラント自体が高額で、外科手術がマストかつ長い治療の期間というデメリットがあるが、やはり審美性が高く、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットがあります。



インプラントはどういう構造かと申しますと、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントとそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯という部品でできた造りになっているのです。


インプラントの種類では歯根と支台部をネジなんかでとめる2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプの二つがあります。




歯医者市場の規模は、只今全体で約70000弱の医院が存在しまして、全体的に供給過多で苦しい状態です。


デンタルクリニック過多の訳は大学がいたるところで新設され、年間で歯科ライセンスを取得する人が増加傾向で、歯科クリニックが増大してしまいました。近頃の歯科医院は診療のコスト売上があまりのびていないようで、歯科医院はわずかであるフィールドの場で、受診者を引き合う現実です。経営存続の為、それぞれの歯科医院ではインプラント・矯正・ホワイトニング…等自費診療の囲い込みを行っています。


インプラント治療
は今では15歳より上の年齢の大体2.6%の人が手を出している方法です。




そして約13600の全国の歯科医院がインプラント治療を導入しています。

一クリニックあたりひと月で二件の手術と想定して月間で何と30000件近くのマーケットがあると考えられます。



気になるのはかなり高額なインプラント手術、ほいほいと手術に踏み切る方がいらっしゃるのかと心配ですよね。



ご心配には及びません。現状はっとする程高齢化社会が迫っているでしょう。




少子化より前に使われていたお年を召した方のお金の払い先がセルフプロデュースの為へとなりました。


それに加え年をとると元気に老後を迎えたいという考えが増してきます。



そしてその中で関心が高いのが歯を失う…という不安です。そんな時にありがたいのがインプラントというわけです。入れ歯よりも最適な方法がいい。話す時に気にしたくないっ、そう願う方が多くなり、現状に患者の約88%が45歳以上にあたるのです。


つまり、各々の分析からインプラント手術の必要性はだんだん増して行くでしょう。


インプラントを長持ちさせるために一応知っておいてほしいポイントがあります。


それはインプラント治療開始前に、どんどん歯が抜けていく歯周病の治療をあらかじめ終わらせておくこと。つぎは一度インプラントを埋めた後でもインプラントの周囲のクリーニング(定期検診)をしっかり受けることです。万が一、歯を磨かずほったらかしているとある日インプラントそのものが抜け落ちるなりたくない病気になってしまう可能性が生じます。