インプラントを愛用していくために

インプラントを愛用していくためにも当然に忘れないでほしいことがあります。それはインプラントの治療する前に、歯周病の治療を済ませておくことです。




次に、インプラント治療
後でも放置しないよう歯科クリニックのメンテナンスをしっかり受けることです。



しかし、定期的な受診を放置すると突然インプラントがぽろっと抜け落ちる事態に陥ってしまいます。




インプラント専門の歯科医院を見極めるポイントは確かにあるでしょう。

最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターであるかでしょう。



またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、それぞれのメリットとデメリット、治療期間や保障などをわかりやすく説明する歯科医院であるのかどうかです。




それから、治療後のインプラントのメンテナンスもきちんとしてくれるクリニックかどうかも見落としてはいけない選ぶ際の大切な基準となります。


そもそもインプラントってどんなものかというと、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部とそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯という3つの部位からなる構造です。インプラントの種類では人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプのものがあります。インプラント周囲炎という歯周病に似た病気があります。

これは進行状態によって2つに分けられます。


まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなる初期的なインプラント周囲粘膜炎という病気です。二つ目は顎の骨の方まで炎症したものです。

主なインプラント周囲炎の症状は出血がでたり膿がでたり、歯茎が次第に痩せてきたりが挙げられます。