長くインプラントを持たせるために

長くインプラントを持たせるためにも、ぜひ心にとどめておきたい内容があります。


インプラント外科手術をする前に歯が抜け落ちる恐れのある歯周病の治療を済ませておくことです。そして次にインプラント治療後も適切な定期検診をしてもらことです。


もし毎日の歯磨きや定期検診を怠ると気が付かぬうちにインプラントがぽろっと抜け落ちる嫌な病気になったりします。


インプラントの構造はどういうものかというと、人工歯根を人工歯根の上に取り付けられる支台部と最後にその支台部に被せる白い素材でできた人工歯という3つの部位からなる構造です。




また、代表的なインプラント種類では歯根と支台部をネジなんかでとめる2ピースタイプとインプラントとアバットメントが一体化したタイプの1ピースタイプのタイプの種類があります。




インプラント治療
する歯科医院を選ぶ際の重要な項目はあります。




最初に技量のある歯科医師かどうかでしょう。またインプラント治療のみならずそれ以外の違う治療方法(ブリッジ・入れ歯)や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、値段や治療期間なんかを患者目線で丁寧に説明してくれるクリニックかどうかも選ぶ際の参考となります。



それからインプラント埋入が終了した後でも定期的なメンテナンスをしてる医院かどうかも非常に大切な選項目です。

そもそもインプラントはデメリットもあり当然メリットもあります。

まずメリットは強く噛めることが可能ということ。

次のメリットでは、インプラントを埋める隣の健康の歯に影響がないことです。そして、審美的にもグッドで、自分の歯とほとんど見分けがつきません。




また異物感はないです。



さらには、インプラントは顎に埋め込むため、天然の歯と同様にしゃべることができます。

ではインプラントのデメリットは、やはり高額な治療になることでしょう。で、手術が必要です。

また定期検査をしておかないと歯周病になったりします。さらに、出来ない患者もいます(重度の糖尿病患者など)。