なりたくないインプラント歯周炎

なりたくないインプラント歯周炎てものがあります。

これは進行状態によって2つに分けられます。まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなるインプラント周囲粘膜炎というものです。二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。周囲炎の症状としては出血がでたり膿がでたり、歯茎が次第に痩せてきたりすることです。抜歯した後は、主に三種類の治療が選ばれることかと思います。


ブリッジ、入れ歯、インプラントです。ブリッジ治療は健康な歯を削るなどして犠牲にします。

それと、部位によって銀歯になる可能性があります。しかし手術もいらず、治療期間もそれほど短いというメリットがブリッジにあります。


入れ歯はブリッジと同様程度のメリットですが、異物感などで慣れず、総入れ歯ぐらいになると噛み合わせが大変良くないという良くない点があります。


最後になるインプラント治療ではより金が掛かる自由診療で、外科手術がマストかつ長い治療の期間というデメリットがあるのだけれども、他の治療法より一番美しく、自分の歯と同じようにご飯などを噛めるようになるメリットであるため、長い目でみてもおすすめです。


インプラントの構造はどういうものかというと、人工歯根をその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部と最後にその支台部に被せる白い素材でできた人工歯からなる3つの部位でできた造りになっているのです。

インプラントの種類ではインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプのものがあります。




歯科医のシェア数と言いますと、現在全国約65000以上の医院が乱立しておりどこでもコンビニ数51000店舗よりも多いです。


歯科医の飽和のわけは医大・歯科大の新設ラッシュにより、年間の歯科ライセンス取得者が増加傾向で、歯科クリニックが増大したのです。


現代の歯科医は診療費の売上がほぼアップしてない状態で、デンタルクリニックはわずかな顧客数で患者を取り合いになるようです。

売上アップの為、各々のデンタルクリニックはインプラントを筆頭に高額の自費診療の誘い込みを図っています。


インプラントの治療法は現状で15歳以上の約2.6%の方がてを出している感じです。ちなみに言うと、現在の歯科医の約13600医院がこの手術を行っています。一歯科医院で二件/一ヵ月の手術と想定して月間で約27000件以上のマーケットになってるとわかりますね。

そこにきて高いインプラント費用であるのに易々と数字通りお客はくるのでしょうか?と疑問をもたれるでしょう。だけどご心配には及びません。今日心配する程高齢化の社会が迫ってますよね。



その前に集まっていた年配の方のお金の払い先がご自身へとなりました。


それに加え年を重ねるとこのまま元気に年を取りたいという考えが増してきます。



そしてその中で代表的なのが徐々に歯が失われてくるという心配です。




それを補うのがインプラント治療
です。


入れ歯よりも最適な方法がいい。


見た目も気にしたい。そう願う方が多くなり、現実も患者さんの9割弱が45歳以上です。つまり、聞く限りのデータをみてもインプラント治療の必要性はどんどんと増えて行くでしょう。