ずっとインプラントを使い続けるために

ずっとインプラントを使い続けるためにも絶対忘れないでほしい内容があります。

それはインプラント治療
を進める前に、いろいろな病気を生む恐れのある歯周病の治療をしっかりと済ませておくことです。


つぎは埋入した後でも歯医者さんの定期検診を受診することですね。

万が一、歯を磨かずほったらかしていると人工歯根が抜け落ちる嫌な病気になったりします。インプラント(人工歯根)を見極めるポイントはやはりあります。まずは経験や実績の豊富なクリニック医師であるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。次にしっかりその他の治療方法や、インプラント治療を含めた様々なメリット・デメリット、治療期間や保障などを患者目線に立った上で丁寧に説明&相談してくれる歯科医院かどうかですね。それからインプラント埋入が終了した後でも定期的なメンテナンスをしてる医院であるのかどうかもしっかり参考にしなければいけないでしょう。歯が抜け落ちた後、主に三種類の治療が選ばれることかと思います。インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。



ブリッジは他の何も問題ない歯を削る必要が生じます。また、部位によって銀歯になる可能性があります。けれども治療期間も短期で、違和感も少ないという良い点(メリット)があります。入れ歯は良い部分はブリッジと近いですが、やはり違和感を感じやすく、咀嚼力が天然歯の約%50ぐらいにまで落ち込むというデメリットなどをもっています。


最後にインプラント治療法はより金が掛かる自由診療で、手術も必要となり長期間の治療を生ずるというデメリットがあるけども、他よりは審美性が良く、生まれ持った歯と変わらない咀嚼能力というメリットなので、医院でも勧められえています。




そもそもインプラントは良い点と悪い点があります。

メリットでは、生まれ持った歯と同じパワーで噛む事ができます。つぎに健康である歯をけずる必要がないことです。そして審美的にもよく、自分の歯と見分けがつきません。

直接骨に埋めるため、一体化して異物感を感じません。

さらにインプラントは普通に会話ができるメリットもあります。



ではデメリットの方では、インプラントそのものが高額です。


割と大きな手術が必要な店です。また、メンテナンスをしないといけません。さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。