インプラント治療にはデメリット

インプラント治療にはデメリットもあり当然メリットもあります。まずメリットは強く噛めることが可能ということ。つぎに健康である歯をわざわざけずる必要がありません。そして、見た目の上でも美しく、天然の歯と見分けがつきません。直接骨に埋めるため、一体化して異物感を感じません。




さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。



こちらから

 


ではデメリットでいくと、費用が高いということです。

そして手術を必要とします。


また、メンテナンスをしないといけません。

さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。

インプラントを愛用していくためにも絶対頭の片隅に入れた置きたい大切な項目があります。

それはインプラント治療を進める前に、他の歯に生じた歯周病治療をしっかり終わらせておくことです。2つ目はインプラント埋入した後でもインプラントの周囲の歯のお手入れといったメンテナンスをきちんと受診することです。しかしきちんと毎日の歯磨きをせずに定期検診を受けなかったりすると最終的にはインプラントが抜けてしまうという怖い病気になる可能性があります。とても嫌なインプラント歯周炎があります。これは2つに分けられます。

まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなる初期的なインプラント周囲粘膜炎という病気です。それから進行形のインプラント周囲炎です。インプラント周囲炎の症状としては出血がでたり膿がでたり、歯茎が次第に痩せてきたりする事です。インプラント治療する歯科医院をチョイスする大切なポイントはあります。まずは実績・技術力ともに全く問題ない歯科医師かどうかでしょう。


そしてインプラント治療のみならず、他の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、値段や治療期間なんかを具体的にに説明している医院か?です。


それからインプラント手術や治療が一段落ついた後でもきちんと長持ちさせるためにメンテナンスを行っている歯科医院かどうかも非常に大切な選項目です。