歯が抜け落ちた後、3つの治療方法が選ばれることか

歯が抜け落ちた後、3つの治療方法が選ばれることかと思います。よく聞く入れ歯とブリッジ、インプラントです。




ブリッジからいくと虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。

また、入れるとこによし銀歯になってしまいます。

だが、外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるというメリットがブリッジにあります。入れ歯では良い部分はブリッジと近いですが、違和感があり、咀嚼能力が大きく低下してしまうというデメリットがあります。最後に最近注目を浴びているインプラント保険外の自由診療で外科手術必要でかつ長い治療の期間というデメリットがありますが、他よりは審美性が良く、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットであるため、長い目でみてもおすすめです。インプラントをより長く愛用するためにぜひ忘れないでほしい内容があります。

それはインプラント治療を進める前に、歯を破壊していく歯周病の治療を済ませておくことです。それからインプラント手術後も毎日の歯磨きと定期的な検診をきちんと受けてチェックしつづけることになります。



しかしきちんと毎日の歯磨きをせずに定期検診を受けなかったりするとインプラントが抜け落ちる嫌な病気になったりします。




インプラントの造りは、ネジのようなチタンで作られた人工歯根とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントと、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠という3つの部位でできた造りになっているのです。また、代表的なインプラント種類では人工歯根つまりインプラントと人工歯の下の支台部がネジでとめている2ピースタイプと元々インプラントと支台部が一体化している1ピースタイプの二種類が現在あります。インプラントには良い点と悪い点があるのです。

メリットでは、生まれ持った歯と同じパワーで噛む事ができます。次に、健康の歯を削る必要がないことです。


そして天然の歯と見分けがつかないくらい美しいです。




またブリッジや入れ歯と異なり、異物感がありません。




さらにインプラントはきちんと会話ができるメリットもあります。



反対にデメリットの方では、やはり高額な治療になることでしょう。



人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。また定期的な健診がいります。




さらに全てのインプラント
が骨とつくわけではないということです。