とても嫌なインプラント歯周炎てものがあります。

とても嫌なインプラント歯周炎てものがあります。


これは進行状態によって2つに分けられます。まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなる初期的なインプラント周囲粘膜炎という病気です。二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。主なインプラント周囲炎の症状は周囲粘膜が赤くなって出血・膿が出たり、歯茎が痩せ細ったりすることです。


歯科医院のシェアと言いますと、今では全国でだいたい68000程度の歯科医院があり、あらゆるところで飽和しています。


歯医者さんの多すぎの一因として歯科大がどこでも新しく作られ歯科ライセンス取得者が増加傾向で、歯科クリニックが急増したのです。現在の歯科は診療のコスト収入がそのままで増えていない状況で、歯医者はほんとに限られた顧客で、患者さんを奪い合いの状態です。

経営危機の為、各診療所はインプラントや矯正など自費診療の誘い込みを行っています。例えばインプラント治療
は今15歳より上の年齢の大体2.6%の人が行っている治療の方法です。補足すると、現状で全国の約13600の歯科医院がインプラント手術を行っています。一つの歯科医院あたり一ヵ月でふたつの手術をすると想定して月間で何と30000件近くの市場になっていると想像できます。



ここで思うのはインプラントといえば気軽な値段ではないだけに易々と数字通りお客はくるのでしょうか?と心配ですよね。無問題です。




今はすごい速さで少子化へと突っ走ってます。高齢化以前に使用されていた年配の方のお金の払い先が自分自身へと変わったのです。

何より高齢になるにつれ健康・介護に備えたいそんな気持ちが頭の片隅から離れなくなります。中でもよく聞くのが健康な歯がダメージを受けてくる事です。



それを救ってくれるのがインプラントなのですよ。

気にする事無くかみたいっ、もっと昔みたいに喋れるようになりたい♪そう思う時代になってきて実際にお客の90%近くが45歳以上なのです。



というわけで多方面の分析からインプラントの需要は増々増えるでしょう。



インプラント構造は、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部と、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠との三つの部品からなるものなのです。また、インプラントの種類には人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプの二つがあります。歯周病とかで抜歯した後は、3つのやり方で治す方法が選べれます。



ブリッジ・入れ歯・インプラントの3つです。


まず始めにブリッジの治療方法はやはり他の歯への影響があります。


加えて、入れるとこによし銀歯になってしまいます。

しかし、少々の違和感ですみ、手術もなく、短期の治療期間というメリットがブリッジにあります。

入れ歯ではブリッジと同様程度のメリットですが、どうしても違和感を覚えやすく、非常にかみ合わせが悪い場合があると良くない評価があります。






最後の治療法のインプラント治療は自由診療のため高額になり、外科手術をしなければならず長期間の治療を生ずるというデメリットがそれぞれ存在しますが、やはり審美性が高く、生まれ持った歯と変わらない咀嚼能力というメリットがあり、もっともオススメできる治療法です。