インプラントはどういう構造かと

インプラントはどういう構造かと申しますと、歯根部とそこの上に取り付ける支台部と、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠との三つの部品でできた造りになっているのです。次にインプラントにはどういうものがあるかというとインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと人工歯根と支台部が一つになっている1ピースタイプの二種類が現在あります。インプラント治療法にはデメリットもあり当然メリットもあります。メリットの方では、天然の歯とほとんど同等の力で強く噛むことできるの事です。つぎに健康である歯をけずる必要がないことです。


そして、見た目として自分の歯とほとんど見分けがつかないです。また、次のメリットでは入れ歯やブリッジといったものと違い、口の中での異物感は感じません。さらにきちんとしゃべることが可能になります。



逆にデメリットでは、インプラント治療
そのものが高額です。で、手術が必要です。


また定期検査をしておかないと歯周病になったりします。さらには重い糖尿病や骨粗鬆症の患者さんはインプラント治療ができません。


歯科の市場の規模というと、現在日本で大体6万強の医院があってそこかしこで余っています。歯医者さんの増大の一因として医大が新設が相次ぎ、歯科資格の取得者が激増し、歯医者が激増してしまいました。


近頃の歯医者は診療の費用売上はあまりのびてない実情で、医院はわずかであるパイで患者さんを取り合う現状です。


経営危機の為、巷の歯科医はインプラントや予防歯科等高額の自費診療の導入をしています。


例えばインプラントといえば今日ではオーバーフィフティーン大体2.6%の人が行っている治療の方法です。


ちなみに約13600の全国の歯科医院がインプラントの手術をしているのです。



一つの医院でひと月あたり二件の手術と想像すると月間25000件以上の市場があると想像できます。



ここまでで思うのはインプラントといえば気軽な値段ではないだけに果たしてみんな受けられるのか?と感じますよね。

でも問題ありません。今は焦る程高齢化が迫ってますよね。




その前に支払われてた年配者のキャッシュポイントが自身へと変わってきました。




そして!年を重ねる程ずっと健康な体を保てるか?そういう気持ちが渦巻いてくるのです。その中でよく聞きますが健康な歯がダメージを受けてくる事です。そしてそれを補ってくれるのがかのインプラントなんです。


違和感無く食事したい♪生活の質をあげたいっ、そんな思いが増す中年者の人が増え、確かにお客の大半の方が45歳以上の患者さんなのです。


そういうわけで、見る限りの歯科医院情報からインプラント治療の必要性は年々増すと思います。


インプラントを愛用していくためにもぜひとも解っておきたいことがありますね。それはインプラント治療を進める前に、歯が抜け落ちる恐れのある歯周病の治療をあらかじめ終了しておくことです。そして二つ目は埋入した後でもインプラント周囲のクリーニング(メンテナンス)をきちんと受診することです。




でも、メンテナンスを受けなかったら人工歯根が抜け落ちるインプラントにありがちな歯周炎になったりします。