インプラントはどういう構造か

インプラントはどういう構造かと申しますと、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部と、それからそこをかぶせる上部構造の人工歯冠からなる3つの部位でできた造りになっているのです。




インプラントの種類ではインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプの二種類が現在あります。インプラント歯周炎があります。

これは二つの異なる歯周炎に分類されます。

ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなる初期的なインプラント周囲粘膜炎という病気です。

二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。

インプラント周囲炎での症状は出血がでたり膿がでたり、歯茎の退縮になったりする症状があげられます。

歯を抜いた後、3つの治療方法があります。

インプラントの他、ブリッジと入れ歯になります。ブリッジというのは虫歯のない健康な歯を削るという悪影響が生じます。




それに加えて、付ける部位で銀歯にしなければいけないデメリットもあります。しかしそれほど違和感を感じず、手術不要などのメリットがあります。


入れ歯の方では、良い部分はブリッジと近いですが、異物感などで慣れず、天然歯と比べて非常に噛みにくいというデメリットなどをもっています。


最後にインプラント治療
では費用が他よりも高額で、外科手術がマストかつ治療期間は比較的長くなるという欠点があるが、他の治療法より一番美しく、生まれ持った歯と変わらない咀嚼能力というメリットがあり、もっともオススメできる治療法です。

インプラントを愛用していくためにも是非とも頭の片隅に入れた置きたい大事なことがあります。それはインプラント治療前に歯周病の治療を前もって終了させておくことが大事です。それからインプラントの治療・手術の後でもや日頃のお手入れクリニックの定期検診をきちんと受けてチェックしつづけることになります。

けれども、面倒くさいからといってメンテナンスを行わなかったりするとある日、インプラントが抜け落ちるインプラント周囲炎になりうるでしょう。