インプラントの造りは、歯根部とその歯根部の上にとりつ

インプラントの造りは、歯根部とその歯根部の上にとりつける支台部とその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯という主に三つの部位でできた造りになっているのです。


次にインプラントの種類はインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプのタイプの種類があります。歯医者の市場規模ですと、今全国でざっと見ても6万強の医院があって全体的に余っている状態です。歯医者の増大の一因は医大・歯科大の新設ラッシュにより、歯科ライセンスを取得する人が大幅に増え、歯科医院自体が激増したのです。現在の歯医者は診療コスト収入がほぼ伸びていないようで、デンタルクリニックはわずかである範囲で、受診者を取り合いの感じです。

何とか稼ごうと、歯科医院はインプラントやホワイトニング等自費での診療の数を増やす事を取り組んでいます。




例えばインプラントといえば今日では15歳?2.6%(40人に1人くらい)手を出している選ばれし治療法です。そうして歯科医の約20%(13600医院)がインプラント治療・手術を取り入れています。ひとつの歯科医院で一ヵ月当り二件の手術をすると仮定して月間2万7千件程度のマーケットであると思います。



しかし、普通の感覚ではどうしても高額になる治療、果たしてみんな受けられるのか?と不思議でしょう。いえいえ大丈夫ですよ。ここしばらくとっても高齢化が迫ってますよね。少子化になる前に集まっていたお年を召した方のお金の使い道がセルフプロデュースの為へとなりました。


そして!高齢になっていくと介護や老後に備えねばという気持ちが沸き上がってくるのです。そして注目されやすいのがだんだん健康な歯が失われてくるという事です。そしてそれを補ってくれるのがインプラント治療です。


入れ歯よりも最適な方法がいいっ、見た目も気にしたい。


と年々そんな思いが強まる患者さんが増え、現状に手術を受ける人の9割弱が45歳以上の患者さんなのです。

そういうわけで、色んな話をきいてもインプラント手術の求められる数は日増しに伸びて行くでしょう。インプラントのクリニックをチョイスする大切なポイントが当然あります。最初に技量のある歯科医師であるかでしょう。またインプラントの治療以外の治療方法や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、費用や保証や治療期間などをわかりやすく説明する歯科医院であるのかどうかです。


最後に術後の定期健診を医師だけでなく専門のスタッフなども完備している歯科医院なのかどうも特に大事な選定ポイントになります。歯を抜いた後、基本的に3つのやり方での治療が選べれます。


ブリッジ、入れ歯、インプラントです。ブリッジからいくとどうしても健全な歯を削らなければいけません。



それに加えて、部位によって銀歯になる可能性があります。


しかしながら、割と簡単にインプラント治療
でき、いうほど違和感を感じないとのメリットがあるのです。入れ歯の方では、メリットなんかはブリッジとほぼほぼ同じですが、どうしても違和感を覚えやすく、総入れ歯ぐらいになると噛み合わせが大変良くないというデメリットがあります。




最後にインプラント治療では費用が他よりも高額で、外科手術必要でかつ治療期間は長めという欠点がそれぞれ存在しますが、審美性は抜群に高く、自分の歯に近い噛む能力を回復できるメリットがあります。