大変怖いインプラント歯周炎があります。これは進行状

大変怖いインプラント歯周炎があります。


これは進行状態によって2つに分けられます。


まず、インプラント周囲粘膜の部分に生じる初期のインプラント周囲粘膜炎です。



二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。インプラント周囲炎の症状としては一部が赤く晴れ上がったり歯茎が腫れたり、歯茎の退縮になったりする症状があげられます。インプラントをより長く愛用するために必ず脳裏に焼き付けてほしいことがあります。それはインプラント治療開始前に、歯周病治療を済ませておくことです。




それからインプラント治療
後もインプラント周囲のクリーニング(メンテナンス)を受けることです。

もし放置やメンテナンスを怠ると人工歯根が抜け落ちるインプラント周囲炎になりうるでしょう。インプラントの造りは、歯根部とその歯根部の上にとりつける支台部と最後にその支台部に被せる白い素材でできた人工歯という部品からの構造としてできています。インプラントの種類では歯根と支台部をネジなんかでとめる2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプのタイプの種類があります。




インプラントには患者にとってメリットとデメリットがあります。



まずはメリットの方では天然歯とほぼ同等の力で強く噛むことできるの事です。

次のメリットはわざわざ虫歯のない健康の歯を削らなくて済むことです。そして、見た目として自分の歯とほとんど見分けがつかないです。それから入れ歯と異なり、口の中に何か入っているといったことを感じず自然な感じです。

さらには会話も弾むほどしゃべれます。


反対にデメリットの方では、インプラントそのものが高額です。




割と大きな手術が必要な店です。

また、メンテナンスをしないといけません。さらにはすべての種類のインプラントがまれに骨とくっつかないケースが生じます。