なりたくないインプラント歯周炎てものがありま

なりたくないインプラント歯周炎てものがあります。

これは二つの異なる歯周炎に分類されます。



まず、インプラント周囲粘膜の部分に生じるインプラントの周囲粘膜炎です。二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。主なインプラント周囲炎の症状は粘膜が発赤したり膿がでたり、歯茎とインプラントの間の溝が深くなったりする事です。

インプラントの構造はどういうものかというと、ネジのようなチタンで作られた人工歯根とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントとその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯という主に三つの部位からなる構造です。次にインプラントの種類はインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと人工歯根と支台部が一つになっている1ピースタイプの2種類です。



歯が抜け落ちた後、主に三種類の治療が選べれます。

ブリッジ、入れ歯、インプラントです。

まずブリッジはどうしても健全な歯を削らなければいけません。それに場所によっては銀歯になります。

しかしながら、外科手術等も不要で、割と簡易な治療で終えるという良い点(メリット)があります。



2つめの入れ歯治療ではまあメリットはブリッジの治療方法と同程度ですが、違和感があり、非常にかみ合わせが悪い場合があるとデメリットなどをもっています。


最後にインプラント治療法はより金が掛かる自由診療で、手術がいるし長期間の治療を生ずるというデメリットがあるんだけども、他の治療法よりも審美性が最も高く、咀嚼能力も最も良いというメリットがあり、もっともオススメできる治療法です。インプラントの歯科医院をチョイスする大切なポイントが当然あります。まず、経験豊富な医者であるのかどうかが非常に大事です。

次に、きちんと他の治療方法(入れ歯やブリッジなど)や、それぞれのメリットとデメリット、費用や保証や治療期間などをわかりやすくかつ丁寧に納得するまで説明してくれる歯科医院であるのかどうかです。それから、治療後のインプラントのメンテナンスもきちんとしてくれるクリニックかどうかしっかりリサーチして選ぶ上での大事な項目にする必要があります。