長い間インプラントをしていくためにも、当然に解

長い間インプラントをしていくためにも、当然に解っておきたいチェックポイントがあります。


それはインプラント治療
開始前に、様々な病原菌を作る歯周病治療をしっかり終わらせておくことです。


二つめはインプラント手術後もメンテナンスを怠らずにしてもうら必要性です。しかし、定期的な受診を放置すると突然インプラントが抜けてしまうインプラント歯周病になります。歯科医院の院数につきましては、今はこの国ではおよそ6万強の医院があってそこかしこで余っている状態です。歯科医の増大の原因として大学が新設が相次ぎ、歯科ライセンスを取得する人が激増して、歯科医が増大したのです。



今の歯医者は診療費の総額はそのまま増えてない実情で、デンタルクリニックは少しの顧客数で利用者を取り合いする状態です。

経営危機の為、各歯科医院はインプラントや予防歯科等高額である自費診療の導入をしています。


例えばインプラントといえば現在では15歳?大体2.6%の人が手を出している方法です。そして現在歯科医院の約20パーセントにあたる13600件の医院がインプラント治療を導入しています。ひとつの歯科医院で一ヵ月でふたつの手術をすると想像すると何と月間で27200件のマーケットであると理解できます。




ところが割と高額な治療ですが数字通り実際はお客さまが来るのかと思うと思います。しかしご心配なく。今日とても少子化現象が迫っていますね?高齢化以前に使われてたお年寄りの支払いポイントが周りに孫もいないし、自分自身に使おう、という人が増えてきています。更に年齢とともにずっと健康な体を保てるか?そういう気持ちが渦巻いてくるのです。


そしてその中でよく聞く声が歯がぼろぼろになってきたという悩みです。



そうなった時に助かるのがかのインプラントなんです。


自分の歯の実感がほしい。



話しやすい歯が欲しい…そう思う時代になってきて確かに患者の9割近くが45歳以上の患者さんなのです。

そういうわけで、各々の話からインプラントの需要でいうとじわじわと増します。


抜歯した後は、概ね3つのパターンで治療があります。それはブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療になります。


ブリッジというのは他の健康な歯を削る必要があります。加えて、入れるとこによし銀歯になってしまいます。しかしながら、治療期間も短期で、違和感も少ないというメリットもあります。


入れ歯はメリットはブリッジと似ていますが、やはり違和感を感じやすく、咀嚼能力が大きく低下してしまうという良くない点があります。



最後にインプラント治療ではどうしても他の治療法より高額で、手術がいるし埋入歯の数によって治療期間が長いというデメリットがそれぞれ存在しますが、他の治療法より一番美しく、咀嚼能力も最も良いというメリットのため、ますます今後埋入する患者が増えると思います。


インプラントの歯科をチョイスする大切なポイントが存在します。まず初めは経験や実績のある医師であるのかどうかが非常に大切なチェック項目です。またインプラント治療だけではなくそれ以外の違う治療方法や、インプラント治療を含めた様々なメリット・デメリット、治療期間や保障などを具体的にに説明している医院かどうかも大事な選定ポイントです。


それから、治療後のインプラントのメンテナンスもきちんとしてくれるクリニックであるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。