そもそもインプラントは当然メリット

そもそもインプラント治療は当然メリットがありますが、反面デメリットも存在します。最初にメリットは本来の自分の歯をほぼ同じ力で噛むことができるということです。次のメリットでは、インプラントを埋める隣の健康の歯に影響がないことです。そして審美的にもよく、自分の歯と見分けがつきません。


直接骨に埋めるため、一体化して異物感を感じません。さらにきちんとしゃべることが可能になります。反対にデメリットの方では、値段が高いということです。

そして手術を必要とします。また、メンテナンスをしないといけません。さらに全てのインプラントが骨とつくわけではないということです。大変怖いインプラント歯周炎という病気が存在します。これは二つの異なる歯周炎に分類されます。

ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなるインプラント周囲粘膜炎というものです。



それから進行形のインプラント周囲炎です。周囲炎の症状としては粘膜が発赤したり膿がでたり、インプラントがグラグラしてきたりが挙げられます。インプラントの構造はどういうものかというと、チタンもしくはチタン合金で作られた人工歯根とそこの上に取り付ける支台部とその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯という主に三つの部位からの構造としてできています。

インプラントの種類ではインプラントとアバットメントをネジでくっつける2ピースのタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプの2種類です。ずっとインプラントをしていくためにも、ぜひとも忘れてはいけない大切なことがあります。


それはインプラント治療を行う前に、いろいろな病気を生む恐れのある歯周病の治療をきちんと完全に終了させておくことです。二点目はインプラント埋入した後でも積極的に歯科医院のメンテナンスをしてもうら必要性です。けどそのままケアをしなかったりすると突然インプラントが抜けてしまうインプラントにありがちな歯周炎になったりします。