長くインプラントをしていくためにも、当然に知っておか

長くインプラントをしていくためにも、当然に知っておかなければならないチェックポイントがあります。

それはというとインプラント治療
する前に、様々な病原菌を作る歯周病治療をきちんと完全に終了させておくことです。

二つめは一度インプラントを埋めた後でもや日頃のお手入れクリニックの定期検診をしっかり受けることです。




もし放置やメンテナンスを怠ると突然インプラントがぽろっと抜け落ちる怖い病気になる可能性があります。

インプラント治療法にはデメリットもあり当然メリットもあります。


メリットは、強い力で物を噛むことができます(天然歯とほぼ同等です)。

次のメリットでは、インプラントを埋める隣の健康の歯に影響がないことです。




そして天然の歯と見分けがつかないくらい美しいです。直接骨に埋めるため、一体化して異物感を感じません。さらにインプラントは普通に会話ができるメリットもあります。


逆にデメリットでは、普通の歯治療とことなり非常に高額なとこです。人工歯根を骨の中に埋め込む外科処置が必要となってきます。また、メンテナンスをしないといけません。

さらに重症の糖尿病の方や骨粗鬆症の方はできません。

インプラントの歯科をチョイスする大切なポイントはやはりあります。

最初に過去に多くの症例を経験してきたドクターであるかどうかです。




次に、きちんと他の治療方法(入れ歯やブリッジなど)や、インプラント治療を含めた様々なメリット・デメリット、治療期間や保障などを具体的にに説明している医院か?です。それからインプラント埋入が終了した後でも定期的なメンテナンスをしてる医院かどうかも見落としてはいけない選ぶ際の大切な基準となります。




インプラント構造は、ネジのようなチタンで作られた人工歯根とその歯根部の上にとりつける支台部と最後にその支台部に被せる白い素材でできた人工歯との三つの部品からの構造としてできています。


次にインプラントにはどういうものがあるかというと歯根と支台部をネジなんかでとめる2ピースタイプと歯根と支台が一体と化した1ピースタイプのものがあります。