インプラントを愛用していくため

インプラントを愛用していくためにも念の為に知っておいてほしい大事なことがあります。それはというとインプラント治療
をする前に、大変怖い歯周病治療を済ませておくことです。次の二つ目はインプラントした後でもインプラント周囲のクリーニング(メンテナンス)を受けてチェックしてもうらことです。しかしながら、もしメンテナンスを放置すると突然インプラントが抜けてしまうなりたくない病気になってしまう可能性が生じます。インプラント歯周炎てものがあります。

これは進行状態によって2つに分けられます。まず一つ目はインプラントと周囲粘膜にだけなる周囲粘膜炎です。二つは人工歯根を支えた骨にまで炎症が達した段階の周囲炎です。

症状としては粘膜が発赤したり膿がでたり、歯茎が痩せ細ったりすることです。



歯が抜けたあとは、治療方法には3つがあります。それはブリッジ治療・入れ歯治療・インプラント治療になります。ブリッジ治療は他の健康な歯を削る必要があります。それと、入れるとこによし銀歯になってしまいます。けれどもそれほど違和感を感じず、手術不要というメリットもあります。入れ歯ではメリットはブリッジと似ていますが、やはり違和感を感じやすく、非常にかみ合わせが悪い場合があるとデメリットなどをもっています。



では、インプラントはインプラント自体が高額で、手術がいるし長期の治療期間になるデメリットがあるけども、他よりは審美性が良く、天然歯と同様の力で噛む事ができるメリットがあります。

インプラントの構造はどういうものかというと、歯根部とその人工歯根の上にとりつけられるアバットメントと最後にその支台部に被せる白い素材でできた人工歯からなる3つの部位から出来上がる構造なのです。

インプラントの種類では人工歯根と支台部をネジで留める2ピースタイプとインプラントとアバットメントが一体化したタイプの1ピースタイプの二種類が現在あります。