インプラントの構造はどういうものかというと

インプラントの構造はどういうものかというと、歯根部とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部とそしてその上にかぶせるセラミック等の人工歯という主に三つの部位からの構造としてできています。

また、インプラントの種類にはインプラントとその上のアバットメントがネジで留められているタイプの2ピースタイプと逆にインプラント(人工歯根)とアバットメント(支台部)が一体化として成り立っている1ピースタイプの2種類です。



インプラントにはデメリットはありますが、当然メリットもあります。まずメリットは、天然の歯とほとんど同じぐらいの力でかむことが可能です。

次に、健康の歯を削る必要がないことです。そして、見た目として自分の歯とほとんど見分けがつかないです。


直接骨に埋めるため、一体化して異物感を感じません。さらには会話も普通にできるので、不便を感じることがないというメリットがあります。デメリットでは、インプラントそのものが高額です。

場合によっては神経や血管を傷つけてしまう恐れのある手術が必要であることです。

また定期的な健診がいります。さらには重い糖尿病や骨粗鬆症の患者さんはインプラント治療
ができません。インプラント治療をしている歯科医院選びのポイントは確かにあるでしょう。



まずは経験や実績の豊富なクリニック医師であるかどうかです。次にしっかりその他の治療方法や、全ての治療方法を含めた上でのメリットやデメリットの提示、保証や価格・治療期間等を具体的にに説明している医院かどうかも選ぶ際の参考となります。



それからインプラント埋入が終了した後でも定期的なメンテナンスをしてる医院であるのかどうか大変大事な選定ポイントになります。インプラントをより長く愛用するために100%といってもよいぐらい理解しておきたい大切な項目があります。


それはインプラント療法前に歯周病の治療をあらかじめ完全に済ませて置くことですね。

そして次に一度インプラントを埋めた後でもメンテナンスをしてもうら必要性です。




もしも定期検診などを怠ると人工歯根が抜け落ちる病気にかかったりしまいます。