歯科割合について、現在では全国でざっと6万

歯科割合について、現在では全国でざっと6万5百以上の歯科医院が存在しまして、あちこちで余っている状態です。


歯科医院過多の一因は大学が増設により歯科ライセンス取得者が約年間2000名となり、歯医者が急増したのです。

今の歯科医院は受け取る診療費の金額は横ばいで右肩上がりしていないようで、歯科医はわずかなお客さまの数で、患者様を引き合う状況です。収入アップを狙い、各歯科医院は矯正やインプラントや他諸々高額である自費診療の導入を取り組み始めています。


例えばインプラントといえば今日では日本では15歳以上の2.6%(40人に1人くらい)している治療の方法です。



そうしていまでは13600数の歯科医(全国の歯科医の約5分の1)がインプラントの手術をしているのです。


一歯科で一ヵ月で二ケースの治療と想定すると何と月間で27200件のマーケットである事が理解できます。ここにきて気がつくのは高値のインプラントなのに果たしてみんな受けられるのか?と思うでしょう。でも問題ありません。


最近焦る程高齢化が迫ってますよね。


昔に落とされてたお年寄りの支払いポイントがご自身の為に変わったのです。

たたみかけて高齢になると将来の健康面が不安という気持ちが頭の片隅から離れなくなります。代表的なのが代表格とも言えるのが徐々に歯が失われてくるという心配です。それの救世主がインプラント治療というわけですね。

気にする事無くかみたい・もっと昔みたいに喋れるようになりたい、そんな思いが増す中年者の人が増え、確かに顧客の大半の方が45歳以上だったのです。つまり、やはり話からインプラント手術の必要性はどんどんと増します。インプラント治療をしている歯科医院を選ぶ際の重要な項目はやはりあります。


まずは実績・技術力ともに全く問題ない歯科医師かどうかです。

またインプラント治療
以外の治療方法や、しっかりとメリットだけではなくデメリットや、費用や保証や治療期間などを患者の目線に立ってきちんと説明や相談してくれる歯科医院かどうかも選ぶ際の参考となります。それからインプラント治療後もしっかりメンテナンスしてくれるところかどうかしっかりリサーチして選ぶ上での大事な項目にする必要があります。




インプラント構造は、チタン製のフィクスチャーつまり人工歯根部とその歯根の上部につけるアバットメントと呼ばれる支台部とその台の上を被せる上部構造と言われる人工歯からなる3つの部位からの構造としてできています。次にインプラントにはどういうものがあるかというと歯根と支台部をネジなんかでとめる2ピースタイプと人工歯根と支台部が一つになっている1ピースタイプの二種類が現在あります。

インプラント歯周炎という病気があります。これは二つの異なる歯周炎に分類されます。



ひとつめは埋入したインプラントのその周囲にだけなる周囲粘膜炎です。次はもっと進行して中の骨の方まで炎症しているインプラント周囲炎です。




インプラント周囲炎の症状としては周囲粘膜が赤くなって出血・膿が出たり、歯茎とインプラントの間の溝が深くなったりする症状があげられます。